草むしりで蘇る庭〜美しい庭にしたいなら庭木の剪定も必要〜

本当に起きた草むしり中の被害

雑草が多くなったと感じたら、業者に依頼して草むしりをしてもらいましょう。自分で草むしりをすると次のような問題が発生することもあるので、注意が必要です。

長時間の作業で腰を痛めてしまった。(田中さん/30代/男性)

忙しくて庭の手入れができず、雑草がかなり伸びた状態になっていたので、草むしりを行ないました。初めは順調に作業していたのですが、久しぶりだったのと普段屈む姿勢をあまり取らないことが重なり、ぎっくり腰になってしまいました。まだまだ若いつもりでも足腰は弱くなっているものですね。次からは無理せず業者に草むしりを依頼する予定です。

処分するときに近所に迷惑をかけてしまった。(鈴木さん/35歳/女性)

夫婦で草むしりをした後、処分は旦那に任せることにしました。ゴミ袋に入れてゴミに出すのかなと思っていたらどうやら野焼きをしてしまったようで、周囲にまで煙やニオイが充満…。外に出て気づいたときにはもう遅く、近所の人から苦情がきました。注意されて知ったのですが、どうやらここは野焼きが禁止された地域だったようです。今度からは処分方法にも気をつけます。

たくさんの虫がいたので草むしりができなかった。(斎藤さん/36歳/女性)

雑草が伸びていたので草むしりをしようと手を伸ばしてびっくり。少しかき分けると虫がそこかしこに湧いていたんです!よく見ると草の中だけではなく上にも蚊や蜂がブンブン飛んでいました。自分で草むしりをしようと思っていましたがとてもあの中に入る勇気はなく断念することに。まさか雑草にそんな弊害があるとは知りませんでした。

業者に任せる

足腰が丈夫な人や体力に自信のある人、庭に生えている雑草が少しだけという状態にある人は、自分の手で草むしりをすることは十分可能でしょう。しかし、足腰の弱い人や体のどこかを痛めている人にとってはそれが難しく、十分に作業ができなかったり、体を痛めたりする危険性があります。健康な人の場合であっても、広い庭で雑草の背丈が高くなっている状態だと結構骨が折れる作業となります。草むしりはそれほど大変な作業なので、なるべく業者に任せるようにしましょう。

TOPボタン